【ギルティギアストライブ】日本vs北アメリカ 10on10 結果まとめ

大会結果


2021年6月27日(日)午前10時から日本対北アメリカのギルティギアストライブの対抗戦

「Guilty Gear Strive North America vs Japan 10 vs 10 Exhibition」が行われました。


日本と北アメリカのギルティギアのトッププレイヤーがエキシビションという形で10on10(先に10勝した方が勝利)で対決しました。

試合は全てオンラインで行われました。


日本チームは古くからのギルティ勢やプロゲーマーが名を連ね、北アメリカもSonicFox選手をはじめJustin Wong選手、Lord Knight選手など強豪が揃いました。


「ギルティギアストライブ」のオンライン対戦は、海外勢とも対戦できると評判の環境で、今回の対抗戦でアメリカとどの程度まで対戦が可能なのかが気になるポイントです。



試合結果


日本vs北アメリカ合計スコア
ドミー(闇慈)2-1 Kid Viper(闇慈)1-0
ナゲ(ファウスト)2-0 Justin Wong(メイ)2-0
中村(ミリア)1-2 DEB(ソル)2-1
GO1(チップ)2-1 Lord Knight(ミリア)3-1
どぐら(ザトー)0-2 KnowKami(ザトー)3-2
コイチ(ミリア)2-1 SonicFox(レオ)4-2
T5M7(レオ)2-1Kizzie Kay(カイ)5-2
 サミット(チップ)2-0HookGangGod(ファウスト)6-2
FAB(ポチョムキン)2-0LostSoul(闇慈)7-2
かずのこ(チップ)2-0ApologyMan(ファウスト)8-2
ドミー(闇慈)0-2DEB(ソル)8-3
ナゲ(ファウスト)2-0KnowKami(ザトー)9-3
コイチ(ミリア)1-2DEB(ソル)9-4
T5M7(レオ)1-2DEB(ソル)9-5
FAB(ポチョムキン)2-0DEB(ソル)10-5



10-5で日本チームが勝利しました。



北アメリカ勢のキャラランクは日本とは少し違うようで、見たことのないコンボなどもあって見応えがありました。

DEB選手のソルは勢いが凄かったですね。



オンライン対戦のラグですが、試合中のPingは大体160程で、選手によっては100~250まで動いていました。
アメリカの西海岸側だとそこまで問題なくプレイできていたようです。

東海岸だとラグが出ているような感じでした。Lord Knight選手(ニュージャージー州)とGO1選手の試合はPing250を超えていました。


多少のラグはあったとはいえ、日本とアメリカでオンライン対戦のイベントが可能というのは素晴らしいと思います。

これからのタイトルもこういったオンライン対戦が実現できるような環境になれば、世界中の人々とオンライン対戦できる日もそう遠くないのかもしれません。



配信のアーカイブはこちらから


北アメリカ側の配信(ApologyMan選手のTwichチャンネル)

Faust Complaining Here - apologyman on Twitch
apologyman went live on Twitch. Catch up on their Guilty Gear: Strive VOD now.



日本側の配信(GO1選手のミルダムチャンネル)

Mildom(ミルダム)- 新世代!ゲームのライブ配信&実況プラットフォーム
GGST 日米10on GO1視点



コメント

タイトルとURLをコピーしました