「ギルティギア ストライヴ」開発の石渡太輔さん、片野アキラさんのインタビューが公開されたのでその感想について語ります。

格闘ゲーム

6月11日に発売するアークシステムワークスの対戦格闘ゲーム「ギルティギア ストライヴ」

ゼネラルディレクターの石渡太輔氏(通称パチ氏)と、開発ディレクターの片野アキラ氏によるインタビューが4gamerにて公開されました。

演出や音楽、ストーリー展開などかなり詳しく語られています。



広告

発売に向けての調整について



個人的には対戦バランスの調整をどう考えているかが気になっていました。

第2回のオープンβでは極端な調整がなされており、賛否両論の声が上がりました。



その点については、

  • 製品版だとここまで極端にしないだろうというところまで調整した
  • そのままの状態で発売するわけにはいかない

と片野氏が語っているので、製品版ではまた新たに調整が加えられているでしょう。


また、キャラの調整については「ワイルド調整」という言葉を使い、

「強い弱い」という部分よりも「面白いか面白くないか」といった部分に重きを置いているようです。

以前「なぜ弱体化よりも強化調整をするべきなのか」というタイトルで話題になった動画もありましたが、


Analysis: Why We Should Buff More Than Nerf
設定→字幕→日本語で日本語字幕で見れます。


バランスがいいゲームが面白いとは限らない、ということなのでしょうか。

インタビュー内でも

  • 最終的にはバランスよりも面白さを第一に考えている

と語っています。

個人的には賛成で、プレイしてみて結果的に面白いならばそれはそれでアリだと思います。

どれほどバランスが良い格ゲーだとしても、キャラバランスの批判は必ず出るものです。


ギルティギアシリーズの面白さはゲーム展開の早さや、コンボの楽しさだと思っています。

そういった面白い部分を消さずに、どこまで初心者向けの作品に練り上げてきたのか非常に楽しみです。



広告

ソルの物語が完結へ


そして、初代「GUILTY GEAR」から始まったソルの物語が完結するそうです。

格ゲーにストーリーは、あってないような物だと考えている人も多いでしょうが

新規のプレイヤー目線で考えると、やはりしっかりとしたストーリーあったほうがとっつきやすいと思います。

ストライブのストーリー部分をまた見てない方はぜひ見てほしいのですが、

  • 3Dをアニメ風に見せてどれだけ違和感がないかという部分にこだわった
  • 今回は映画的に見せるようにした

とのことで、非常に綺麗なグラフィックです。


GUILTY GEAR -STRIVE- ストーリートレーラー


また、本作からギルティギアの世界に触れる人のために公式サイトやYouTubeに過去シリーズの動画や漫画が用意されています。

xrdのストーリーなども動画で公開しているという大盤振る舞いな対応なので、ぜひご覧になって下さい。


ギルティギアストライヴ公式サイト

GUILTY GEAR -STRIVE- | ARC SYSTEM WORKS
「ギルティギア」シリーズが贈る最新作『GUILTY GEAR -STRIVE-』 洗練されたシステム、極まるアニメーション映像、個性あふれるキャラクター達による、手に汗握るぶつかり合いの連続を体感せよ!


Amazon | GUILTY GEAR -STRIVE- - PS4 | ゲーム
GUILTY GEAR -STRIVE- - PS4がゲームストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。オンラインコード版、ダウンロード版はご購入後すぐにご利用可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました